ヘッダーメニュー
RSS

コラーゲン原液の作り方

コラーゲン原液の作り方と言っても、特別な事ではありません。

みなさまは、コラーゲンペプチド粉末を購入したら、ビタミン系ソフトドリンクやコーヒーやお味噌汁など、色々なもので飲まれると思います。

でも、コラーゲンペプチド粉末は非常に細かい粉末なので、その都度溶かすには、結構手間がかかります。

そこで、ある程度まとめて原液を作っておけば、少しだけ手間が省けるので、その作り方をお知らせいたします。


【コラーゲン原液の作り方】 ※7日分(1日5g)

35g(添付スプーン山盛り約7杯)を500ml前後の容器に入れます。
     ※ 必ずスプーンで静かに入れてください。袋から直接だと粉末が飛散します。

その中にまず、50ml位の水を入れます。

ダマがほとんど無くなるくらいかき混ぜます。

約350mlになるまで、水を加えます。

そして、1分くらいかき混ぜます。

最初は白濁していますが、2〜3分で透明になります。
     ※ 上に泡ができますが、気にしないでください。

次に、液体を鍋に移します。

沸騰する手前まで加熱(80〜90℃)し、火を止めます。
     ※ ゼラチンのようにゲル化はしないのでご安心ください。

冷ましたら、ペットボトルなど栓ができるものに移します。

冷蔵庫で保管し、毎日50mlをお好みのものに混ぜて飲んでください。


以上、なんてことはないのですが、日々の溶かす手間が省けて、飲むのが楽になります。

また、粉末から溶かしてすぐ飲むより、飲みやすく感じました。

加熱するのは、良く溶かしきることと、保存性を高めることが目的です。

よろしければ、お試しください。

2011/9/8

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ