ヘッダーメニュー
RSS

コラーゲンの合成速度30%アップ?

あの味の素が、40〜69歳の女性500名を対象に、「若さ」に関する意識調査を実施し結果をリリースしています。

年齢よりも下に見られるという人の割合が66%・・・

その見た目年齢の平均が「マイナス6.3才」・・・

そして、見た目年齢の決め手は「肌」と考える人は約90%。

そのためにサプリメントを摂っている人は56%で、

内訳は、コラーゲンが62%でトップでした。

この調査の目的は、同社が「コラーゲンの合成速度が30%アップするアミノ酸組成を発見した。」という結論に結びつく流れになっています。

大手がリリースする記事を細かく批評する立場ではないのですが、大手でも良くわかっていないと思う部分がありました。

「コラーゲンは高分子で、アミノ酸がらせん状に結合しているため、ヒトの消化管(消化液)では分解しきれないという特徴があるとのこと。コラーゲンを摂取す る上では、食べた「量」よりも、「分子の大きさ」に注目する必要があり、最近では「超低分子コラーゲン」というものがあるが、コラーゲンの分子が小さい と、体内に吸収されやすくなる。」

という部分です。

現在のサプリメントでは、ほぼ全て低分子化されたコラーゲンペプチドが使用されています。

そもそも、食事でもコラーゲンそのものを食べることはほとんどありません。

生肉を食べる時くらいなのです。

ここに、目的につなげる微妙な誘導が感じられました。

また、コラーゲンサプリ摂取の意義としては「肌コラーゲンの合成速度(サイクルの回転速度)」に注目していますので、この点は同意できます。

そして、目的の「コラーゲンの合成速度が30%アップするアミノ酸組成を発見した。」につながるわけですが、

そのアミノ酸は、「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」「グルタミン」です・・・

・・・全部、コラーゲンペプチドに含まれているアミノ酸でした。

もう一度、よーく読んでみると、

30%アップするのは「紫外線照射下(日常生活に近い形で)」という条件がありました。

コラーゲンサプリを摂る意識の人たちは、紫外線は真っ先に避けると思うのですが・・・

今日はちょっと意地悪な日記になったかもしれませんが、大手でもこんなリリースをちょくちょく出しているので、レビューしてみました。

2012/8/10


コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ