ヘッダーメニュー
RSS

コラーゲンの勘違いしそうな情報∋藜

前回(8/26)に続いて、「コラーゲンの勘違いしそうな情報」について書きます。

前回は「変性温度」について書きました。

要旨は、「コラーゲンとコラーゲンペプチドを都合よく(?)混同して、『魚由来のコラーゲンは変性温度が低いから吸収が良い』と伝えるのは、ペプチド配合製品では正しくないのでは?」ということでした。

今回は「脂質」です。

「魚由来は動物由来に比べて脂質が少なくカロリーが低い」と説明しているサイトがあります。さすがに大手メーカーでは見かけませんが、比較サイトや説明サイト(アフィリエイトサイト)では結構見ます。

当店の比較表の下の方をご覧ください。⇒コラーゲンペプチドの比較一覧表

豚皮由来、淡水魚由来、海洋魚由来、全てのコラーゲンペプチドで「脂質は0g」ですし、「カロリー」もほぼ同じく非常に低カロリーです。

最近の、コラーゲンサプリメントやコラーゲンドリンクではほとんど「コラーゲンペプチド」を使用していますので、ペプチドを使用している製品では、

「魚由来は動物由来に比べて脂質が少なくカロリーが低い」という表現は正しくないと思います。

みなさまが、コラーゲン配合製品を選ばれるときに、原料がコラーゲンなのかコラーゲンペプチドなのかをご確認ください。

コラーゲンペプチドでしたら、脂質はほぼゼロです。

⇒コラーゲンとコラーゲンペプチドの違いはこちら

このように、勘違いしそうな情報は結構たくさんありますので、今後も取り上げていきたいと思います。

2010/9/7


コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ