ヘッダーメニュー
RSS

紫外線とお肌

5月に入りました。

これから、秋にかけて紫外線が強い時期になります。

環境省「紫外線環境保健マニュアル2008」から抜粋しました。

月別紫外線照射量

地域によってかなり違うということがわかりますね。

以前の記事「ビタミンDとコラーゲンの微妙な関係」で説明しましたが、

ビタミンDを皮膚で作るためには、全く日に当たらないというのは考えものですが、

やはり、紫外線が強くなるこれからの時期は、紫外線からお肌を守る必要があります。

対策としては、

〇膤粟の強い時間帯の外出を避ける。

外では日陰を利用する。

F傘を使うったり、帽子をかぶったりする。

ぐ疉で露出を少なくする。

ゥ汽鵐哀薀垢鬚ける。

ζ焼け止めを上手に使う。

このようなことを心がけましょう。

最近の日焼け止めには、その防止効果を表す「PA」や「SPF」という表示がありますが、

その選び方も、環境省「紫外線環境保健マニュアル2008」から抜粋しました。

日焼け止めの選び方

また、紫外線は太陽の方から降り注ぐだけではなく、様々な反射や透過でも届くのです。

わかりやすい図がありましたのでご覧ください。

紫外線の透過と反射

このように、曇りでも80%も透過しますし、地面からの反射もあなどれません。

ということは、日焼け止めは、あごの下にも塗る必要があるということですね。

そして、これからの時期は特に、コラーゲンペプチドの摂取をおすすめします。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ