ヘッダーメニュー
RSS

コラーゲンペプチドと関節

当店のコラーゲンペプチドは「食品」ですから、効果を標榜することはできません。

ただ、コラーゲンの市場が非常に大きいという事実は現在も変わっていないようです。

以前の店長日記「コラーゲンの勘違いしそうな情報」で書きましたが、コラーゲンペプチドは単に「たんぱく質⇒消化⇒アミノ酸」という単純な栄養学的作用だけではなく、複雑な作用がある可能性が立証され始めています。

当店で購入されるお客様の目的の多くは「お肌の健康」のようですが、腰や関節にお悩みの方のご購入もあるようです。

コラーゲンペプチドを食べ始めて、明らかにはっきりと実感する方が多いことを直接お聞きすることが多くなりました。

また、「コラーゲン=女性」という先入観がありますが、当社卸部門のお得意先の社長からは「ひざの痛みがなくなったからずっとコラーゲンペプチドを続けている」、「男でも肌がつやつやしているのは気分がいいね」などのご連絡をいただきました。

もちろん、この事実は「プラセボ」の可能性も否定できませんが、事実としてお知らせしました。

2011/3/5

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ