ヘッダーメニュー
RSS

3か月が経過しました。

短いようで長かった3か月というのが実感です。

「3か月はかかる」という思いでスタートしましたので、この10月は節目の月になります。

8月に大口の注文が1件あったのを除くと、この3か月間は、売上もアクセスも低ーいレベルで、ほとんど横ばいでした。

今でも、当店のコンセプトには自信を持っていますが、「分母」が大きくならないとなかなか実績には繋がらないことは明らかです。

やはり、ある程度の資金を使った広告宣伝がないと、まだまだ時間がかかることを覚悟する必要があるようです。

ここで、もう一度初心に帰り、10月から12月の3か月間を上昇のスタートと位置付けて、コツコツと進んでいきますので、今後とも当店をよろしくお願いいたします。

2010/10/1

サプリメントの原料表示について

最近はサプリメントの表示事項についてご存知の方も増えてはきましたが、やはり詳しくはご存じない方も多いかと思い、改めて今日は「原料」の表示についてお伝えしようと思います。

原料は「原材料名」として、必ず表示しなければなりません。

当店では100%コラーゲンペプチド粉末ですから、[原材料(名):コラーゲンペプチド]と原料は一つだけになりますが、これは特別な例です。

普通は、例えばタブレットタイプのコラーゲンサプリメントですと、

原材料:コラーゲンペプチド、乳糖、結晶セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素

と、このように表示されています。

そして、配合量の多い順に表示するという決まりがありますので、この例ではコラーゲンペプチドが一番多く、以下多い順に表示されています。

この例での乳糖以下は、タブレットに固めるための原材料ですので、目的には不必要なものです。

このように、目的とする原料や成分に関係のなさそうな原料名が先に表示してあるものや、気になるものがあれば、それが何なのかを確認した方がよいと思います。

店舗であれば店員さんに、通販であれば電話かメールで確認できると思います。

ところが、店舗で製品に原料表示がなければ違法ですから、まずそのようなことはあり得ませんが、通販では広告に表示義務はありませんので、どこにも表示がない場合を結構見かけます。

本来、製品に表示義務があれば、現物を見れない通販では広告での表示を義務化すべきだと思います。

ただ、責任ある販売者かどうかを見分けるには、派手なコピーや画像・パッケージなんかより、製品での義務表示をキチンと表示してあるかがポイントになるかと思います。

これからも、「表示」について少しずつお伝えしていきたいと思います。

2010/10/3

サプリメントの表示について

前回は、いきなり「原材料名の表示」についてお知らせいたしましたが、そもそもサプリメントの表示はどのようになっているかをお知らせいたします。

前回もお伝えいたしましたが、下記の必須表示事項の表示や説明が無いお店は、サプリメントの基礎知識なしに販売していますので、お気を付けください。

当店の商品ラベルでご説明いたします。

「固有記号」とは、消費者庁の食品表示課に届け出ている製造所の記号で、販売者と対で登録されており、どこで製造しているかがわかるようになっています。

製品の現物を見ることのできない通販では、上記項目は必ず表示したいものです。

また、右にある「栄養成分表示」は必須項目ではありませんが、部分的な表示は禁止です。

栄養成分を表示するには、上記のように「エネルギー」「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」「ナトリウム」をこの順番でセットで表示しなければなりません。

「栄養成分表示」について詳しくは、改めてお伝えしたいと思います。

2010/10/5

怪しい電話の話

ほとんど毎日、営業の電話が入ってきます。

中でも一番多いのが、「集客」に関する営業です。

リスティング広告の代行、外部リンク対策、ホームページ作成、クリック広告、テレビショッピングやラジオ・テレビのCM、雑誌広告、有名人(昔?)訪問広告、・・・etc.

様々な方法の営業電話がかかってきます。

当店は、ギリギリの低価格ですから、このような販売促進にお金をかけることができません。

概略を聞いて、いつもお断りをしています。

ところが昨日、これまでで初めて聞く内容の電話がありました。

「モデルを使った広告はいかがでしょうか」といった内容でした。

私のイメージでは、イメージモデル=タレント・アイドル・有名人でしたので、なぜ当店のホームページを見てモデルなのか不思議に思い、改めて、簡単に当店のコンセプトを伝えると、

「コラーゲンをご販売ですよね」と、「そこで、モデルがご利用いただけるはずです。」と話し出したのです。

ピンときました。

ストレートに言いました。

私 「それって、サクラの斡旋じゃない?」

営業 「・・・・そっ、そういうわけでは・・・・・・」少し沈黙があって、

私 「もし、サクラじゃないのなら当店の商品を実際に使って、モニターとしてのモデルなの?」

営業 「それも不可能ではないと思います・・・・」、モニターはイレギュラーのようでした。

当店の商品で、モニターをするとなると最低でも1か月は継続していただく必要がありますし、一人では意味がありませんので、最低でも5人くらい…などと考えると、サクラでなければとんでもない額になることは明らかでしたので、「必要ないです。」とお断りしました。

特に、美容関係では多くの企業にご利用いただいているとの話でした。

このような、広告支援の専門の会社があるということを、今日はお伝えいたしました。

2010/10/7

「プラセボ」について

「プラセボ」とは、「偽薬(ぎやく)」のことで、薬などの効果を測定するときに、比較対象として用いられることがあります。

最近では、サプリメントの効果を確認する場合にも利用されることがあります。

仕事柄、このようなデータを見る機会が多いのですが、不思議なことに、プラセボの場合も本物と同じ傾向が出る場合が多いのです。

サプリメントでの試験では、薬の場合ほど厳密な管理で行われていないことに要因があると思いますが、事前に凡そどのようなものかが被験者に伝わっているのだと思います。

例えば、コラーゲンであればプラセボの人の肌の水分量や、弾性も上昇傾向になることが多いようです。

そうしてみると、盛大なテレビ宣伝や、過剰な広告宣伝も、プラセボ効果にコストを支払っているとも考えられるのでしょうか?

毎日鏡をじっくり見ることや、毎日体重計に乗ることは、自分の肌や体重を常に意識することになり、自然に生活習慣が良い方向に変わってくるようです。

サプリメントを販売していながら変ですが、まずは「意識する」ことがスタートだと思います。

そして、生活習慣が変わっていき、目的とする自分に近づけるのでしょう。

サプリメントはその補助的な役割を担っているだけだと思います。

2010/10/9

サプリメントの流通 嵒寛濺好襦璽函

今回は、「サプリメントの流通について」と題して、私の長い経験をもとにお伝えいたします。

最近でこそ、インターネットでの流通が非常に多くなってきましたが、インターネットでの販売が無い頃のサプリメント(健康食品)はどういうルートで販売されていたのでしょうか。

大きく分けて、

    1. 百貨店ルート
    2. 薬系ルート
    3. 専門店ルート
    4. テレビショッピング
    5. システム販売
    6. 訪問販売
    7. 通販(紙媒体)   

大体これくらいでしょうか。

もし、もうひとつあるとすれば「バイブル商法」で、中には悪質で摘発され逮捕者まで出たこともありました。

最近はほとんどなくなりましたが、販売手法としては残念ながら残っています。

サプリメントの悪いイメージの象徴でしょう。

さて、上記の順番は「信頼性」を基準に並べました。

もちろん、個々にはどのジャンルでも信頼性の高い販社はありますが、「全体として見て」比較しました。

1〜3は店舗を構えていますので、一度でも信頼性を損なうような商品を扱えば、お店の存亡にかかわりますから、商品選定は非常にシビアで慎重です。

例えば、百貨店にサプリメントを納入する場合、使用原料・製造工程・衛生試験・成分分析・残留薬物等々、製品のあらゆる情報の提出を要求されます。

もちろん、全ての原料についても同様の情報が必須です。

「企業秘密」は、まず通りません。

そして、百貨店内部にも品質管理専門の部署があり、提出された情報をすべて確認されます。

ただし、百貨店によってはその作業の大部分をテナント会社に委託している場合もありますが、審査レベルは同じです。

ですから、百貨店の健康食品売り場でサプリメントを購入するのが一番安心だと言えます。

ただ、テナント料が元々売上の30%前後もかかっており、さらに人件費なども加わりますので、あまり安いものは少ないのが現状です。

「安心」に支払う金額が大きいのが「百貨店」ですね。

薬系以下については、これから順にお伝えしていきますので、今日はここまでとします。

2010/10/11

サプリメントの流通◆嵬系ルート」

サプリメントの流通について、前回はその大まかな種類と「百貨店ルート」についてお知らせいたしましたが、今回は「薬系ルート」についてお知らせいたします。

具体的に言いますと、町にある、いわゆる「薬屋さん」「薬局」のルートです。

ドラッグストアーや調剤専門の薬局ではありません。

だんだんとその数は少なくなってきています。

前回の大まかなルートの種類には入れていませんが、現在では「ドラッグストア」が大きな流通となっていますし、サプリメントの最大の販売を占めています。

ただ、昔からの特徴的なルートとしては全く別のルートですので、「ドラッグストア」については別の機会にお伝えいたします。

さて、いわゆる町の薬屋さんルートですが、販売するのは薬の専門家ですから、サプリメントであっても、その由来原料から効果の根拠まで、そしてメーカーのしっかりとした支援体制も必要となってきます。

もちろん、薬ではないのですから、資料等も非常に気を使ったものを提供する必要があります。

また、サプリメントであっても実際に治験を行い薬剤師を納得させるデータも必須です。

ということで、この「薬系」ルートに商品を供給するためには、お金も知識も実績も必要となり、新規参入は非常に難しいルートですので、扱われているサプリメントは長い間売られているものが多いようです。

そして、専門知識をもって詳しく説明もしてくれますので、効果という意味では、一番期待できるルートだと思います。

ですから、薬ではなく、何らかの症状を自然に改善する目的でサプリメントを探すには、町の薬屋さんが最適でしょう。

ただし、その分価格の高いものは多いようです。

繰り返しますが、ドラッグストアーではありません。

2010/10/13

サプリメントの流通「専門店ルート」

これまで、サプリメントの流通について「百貨店ルート」と「薬系ルート」についてお伝えいたしましたが、今回は「専門店ルート」についてお伝えしたいと思います。

薬事法規制の強化や、一部の心無い販売者の事件などもあってか、最近では、非常に少なくなってきたと思います。

「専門店」とは、健康食品を専門に扱うお店で、薬は販売できないお店のことです。

専門店を大きく分けると、「健康食品メーカーの代理店」のタイプと「自然食品を中心としたお店」にタイプが分けられると思います。

代理店のタイプは、店舗もあるのですが、健康に関するセミナーのようなことも開催しながら、口コミで顧客を獲得していくことが多いようです。

このようなセミナーなどは、メーカーが主導した勉強会などで知識やノウハウを学びます。

ですから、システム販売を兼ねている専門店もあり、どちらかというと排他的な姿勢が強い販売者が多いように思います。

自然食品を中心としたお店は、その名の通り、無農薬や製法などにこだわったいわゆる自然食品で固定客を持ち、併せてコンセプトに合ったサプリメントも扱うといったスタイルが多いようです。

したがって、消費者の評判で、中立的な立場で商品を評価する姿勢が強いように思います。

ただ、本当に「専門店」は減ってきており、インターネットでの販売に切り替えているところが増えてきました。

2010/10/16

サプリメントの流通ぁ屮謄譽咼轡腑奪團鵐亜

サプリメントの流通について、今回は「テレビショッピング」についてお伝えいたします。

通販と健康食品メーカーでの27年以上の経験の中で、「テレビショッピング」で販売した経験はありません。

ただ、これまで何度か交渉はしたことがあり、その経験と実際の販売を見ていて感じることを基本にお伝えいたします。

テレビショッピングに提案するうえで最も特徴的なのは、商品確保の量です。

販売者側(テレビショップ側)が交渉の最初に確認するのが用意できる商品数なのです。

サプリメントで言えば、大雑把に5,000個前後を用意できるかどうかを確認してきます。

この用意というのは、在庫数であって、たとえ100個しか売れなくて4,900個あまっても販売者は責任は持ちません、ということなのです。

そして、その用意ができなければ、提案まで進みません。

面白いですよね。

新規商品では、言い方が悪いかもしれませんが、博打のようなものなのです。

次に確認してくるのは、メーカーから社長や開発責任者などの出演が可能かどうかです。

みなさんもテレビショッピングを見られていたらお分かりですよね。

それらが可能であれば、いよいよ商品の提案となり、売れそうな特徴があるか、価格はどうかなど突っ込んだ商談となり、販売するかどうかが決定されるのです。

とにかく、ヒットすれば売れる量がものすごいので、テレビショッピングから大きくなったメーカーも数多くありますし、今でも多くのメーカーがしのぎを削っています。

ですから、品質も良く価格も安いおすすめの商品もたくさんありますが、中には、表現が上手いだけで市販品より高額な商品もありますので、冷静に比較することが必要となります。

なお、テレビという公のメディアを利用した販売法ですから、粗悪品はまず無いので安心です。

みなさんも、テレビショッピングは賢くご利用ください。

2010/10/18

サプリメントの流通ァ屮轡好謄猗稜筺

サプリメントの流通について、今回は「システム販売」についてお伝えいたします。

システム販売は、「ネットワークビジネス」「連鎖販売取引」「マルチ商法」などと言われ、以前は違法なシステムも多かったようですが、法整備も進み規制も強化されて、最近では一応に合法なシステムになっています。

みなさんも、一度くらいは知り合いなどに誘われたご経験をお持ちか、説明会に行かれたことがある方もいると思います。

大雑把に言うと、この販売方法は、連鎖的に報酬が発生し、最初に近い人が儲かる仕組みです。

そして、高額の報酬を得た一部の人や商品にストーリーを付けて新規参加を促し、モチベーションを高揚させる説明会を頻繁に開催します。

特に最近では、社会経験の浅い学生など若い世代に広がる傾向があるようです。

もちろん、合法ですからシステム販売を否定するつもりはありませんが、それなりの収入を得るためには大変な努力が必要であることを覚悟して参加すべきだと思います。

また、システム販売で商品の購入だけが目的の場合、冷静に自分で、他の流通の類似商品と比較して購入を検討するべきでしょう。

特に、親しい人から誘いを受けると断わり辛いものですから、お付き合いで商品を購入することもあるでしょう。

販売価格に対しての仕入価格は、非常に安く設定されていますので、比較的に割高な商品が多いようです。

ただし、通常の流通でもサプリメントの原価率は非常に低いので、システム販売だけが特別に高額なわけではありません。

2010/10/20

サプリメントの流通Α嵋問販売」

サプリメントの流通について、今回は「訪問販売」についてお伝えいたします。

訪問販売も最近は非常に少なくはなってきたのですが、残っているのは、どちらかというと押し売り的な訪問販売です。

昔と違い、ドラッグストアーからスーパーマーケット、通信販売もインターネットが加わり、商品も情報も溢れかえっています。

そんな中で、一人の人間が各戸を訪問して販売し生活するわけですから、無理な販売方法となってしまうのでしょう。

よくあるパターンは、行政と連携しているかのような口ぶりで、健康チェックのアンケートなどからアプローチをしてきます。

そして、話をし始めれば、もう完全に販売者のペースになり、不安を煽られて、気が付けば数十万円の健康食品購入の契約を結んでしまっています。

彼らだけが特別に効果の高いサプリメントを販売していることはまずありません。

類似商品は、たぶん市場にもっと安く販売されているはずです。

特に、彼らがターゲットとするのは高齢者で、あまり話し相手がいないタイプの人たちなのです。

防ぐ方法は、まず、中に入れないこと、話をしないことが一番ですが、もしうっかり話が始まって、どうしても断われそうにないときは、契約をして販売員が帰ったらすぐに消費者センターに連絡をして、クーリングオフの手続きをしましょう。

「消費者センターに相談して、契約を取り消したい」と言えば、まず契約は取り消してくれます。

このように、最近の訪問販売はほとんど高額契約を押し付けられるパターンが多いのです。お気を付けください。

ただし、出入りの置き薬業者は、普通のサプリメントを紹介してくれますので、こちらは安心です。

2010/10/23

サプリメントの流通А崢免(紙媒体) 」

サプリメントの流通について、今回は「通販(紙媒体) 」についてお伝えいたします。

紙媒体とは、いわゆるパンフレットやカタログに商品を紹介して販売する方法のことです。

この通販も色々な種類があり、流通の種類でも挙げた「百貨店」もカタログで通販をしています。

多くは衣料品から出発した通販会社が多く、大きくなるにつれて雑貨から食品、サプリメントまで扱うようになりました。

また、生協の共同購入も全国的には非常に大きな規模の通販で、全体では最も規模が大きい通販です。

また、最近ではサプリメントメーカーはもちろん、大手食品・飲料メーカーがサプリメントの通販を展開しており、大きな市場となっています。

これらの通販では、印刷物として情報を伝えますので、何らかの間違いや違法表示があった場合、明らかな証拠となります。

したがって、各商品に該当する法律には非常に敏感で、その点は安心できます。

反面、違法でない限りでは様々なテクニックで消費者を誘導しますので、つい買ってしまったということも多いでしょう。

そして、これらの通販会社はほとんどインターネットショップも開設して相乗効果を狙っているのが最近の傾向です。

また、メーカーが販売する通販のコストパフォーマンスが高そうに思われるかもしれませんが、特に大手は広告宣伝費と管理費の割合が非常に高く、決して割安とは思いません。

サプリメントは、どの流通にしても原価率は非常に低いことに変わりはないようです。

2010/10/25

サプリメントの流通─屮疋薀奪哀好肇◆次

サプリメントの流通について、

  1. 百貨店ルート
  2. 薬系ルート
  3. 専門店ルート
  4. テレビショッピング
  5. システム販売
  6. 訪問販売
  7. 通販(紙媒体)

この順番で、それぞれの大雑把な解説をお伝えしてきました。

今回は、「ドラッグストアー」のルートについてお知らせいたします。

ドラッグストアーの特徴として、ほとんどの会社がチェーン展開をしている大手だということがあります。

言い換えれば、大手しか生き残れなかったということです。

元々は、町の薬局からスタートした業態ですので必ず市販薬を置いています。

それが、日用雑貨の大安売りで集客し始め、食品までそろえるようになっていきました。

そして、全ての商品を安く販売するためにスケールメリットを求めて大きくなっていったのです。

サプリメントもナショナルブランドからプライベートブランドまで幅広く多くの商品を取り扱っています。

とにかく、ドラッグストアーが売る気になった商品は、他の流通とはけた違いに売れます。

ですから、売れ筋のサプリメントのコピー商品のようなものを独自のルートで作らせて、破格の値段で販売したりもします。

例えば、ナショナルブランドで5,000円で飛ぶように売れている商品があれば、それと同じような商品を仕入れ業者経由で大量に安く作らせるのです。

そして、2,500円とか3,000円くらいで一気に販売します。

量によって、全てのマージン率を引き下げますので、これが案外お買い得なのです。

中身は、5,000円のナショナルブランド商品とほとんど変わらないと思います。

そうすると、ナショナルブランドもより多く販売してほしいわけですから、次第に値段が下がってくるのです。

このように、ドラッグストアーは各ジャンルのプライスリーダーとして消費者に受け入れられています。

ということは、中身を吟味できれば、サプリメントを買うならドラッグストアーがお得ということになりますね。

ただし、コラーゲンは当店の方がお得ですが・・・。

2010/10/27


サプリメントの流通「インターネット通販」

サプリメントの流通について、最後に当店も参加しています「インターネット通販」についてお伝えしたいと思います。

ここ数年で飛躍的に増加したのがこのインターネット通販です。

これまでご紹介した、百貨店・薬系・専門店・テレビショッピングなど、ほとんどがインターネットでも販売しています。

また、サプリメントを発売するメーカーも独自にサイトを作り、直接消費者に販売するケースも増えてきました。

消費者にとっては、好きな時に色々比較して選べるというメリットと、お悩み系のサプリメントであれば誰にも会わずに購入できるというメリットもあります。

多くの人が、信頼性という意味で楽天などの大手ショッピングモールを利用されているかと思います。

または、一つの原料や効果に絞り込んで色々なお店を比較するという方も増えてきていると思います。

そこで、信頼できるお店かそうでないかを見分ける大変簡単な方法があります。

それは、これまでも店長日記でお伝えしたことなのですが、

「義務表示」です。

これらの情報がきちんと表示してあれば、サプリメントを扱う知識がある販売店だと判断してよいでしょう。

逆に、派手な画像やコピーばかりで、肝心の情報が表示していない場合は、商品も販売店も注意した方がよいでしょう。

2010/10/29

栄養成分表示について 峺饗Г閥調表示」

「栄養成分表示」とは、下図の赤丸で囲った部分のことです。

以前の店長日記で少しご説明いたしましたが、表示は義務ではありませんが、商品名やパッケージで栄養について触れた場合は、必須となります。

そして、エネルギーからナトリウムまで、上図の順番通りに全てを表示しなければなりません。

さらに、「ビタミンCたっぷり」などと表示したら、ナトリウムの下にビタミンCの含有量も表示しなければならないのです。

また、「たっぷり」にも基準があり、ビタミンCであれば100g当たり24mg以上の含有量が必要で、実際に分析して23mgしかなかったら表示違反となります。

この強調表示の基準は、栄養成分ごとに決まっていますので、各メーカーは強調する栄養成分ごとの基準量を調べて、それ以上の含有になるように配合しています。(配合しているはずです。)

また、「低カロリー」などのように含有が「低い」ことを強調する場合も、同様に基準があります。

「カロリー(熱量)」であれば、100g当たり40Kcal以下、液体ならば100ml当たり20Kcal以下であれば、「低カロリー」と表示できます。

よく見かけるドリンクタイプのサプリメントは50ml瓶が多いのですが、この場合は10Kcal以下です。

この基準で見ますと、商品広告や商品説明の中では、違反とは気づかずに「低カロリー」と表示していることが結構多いので、みなさんも注意してみてください。

栄養成分表示には、まだ他にも基準がありますので、また改めてお伝えしたいと思います。

2010/10/31

ページトップへ