ヘッダーメニュー
RSS

栄養成分表示について「ゼロ表示」

今日も引き続き、「栄養成分表示」についてお伝えします。

栄養成分表示について、これまで「表示が必要となる要件」「強調表示の規則」「許容範囲の基準」をお伝えしましたが、

今回は、「ゼロと表示できる基準」についてお伝えします。

「えっ?」と思う方もいらっしゃると思います。

「ゼロはゼロ、無いっていうことだから、全く入っていないことでしょ?」・・・と、業界に入る前は私もそう思っていました。

しかし、サプリメントの栄養成分表示では、完全にゼロでなくても、各栄養成分の基準値以下ならば「ゼロ」と表示できるのです。

表示の場合の必須栄養成分ですと、100g当たり(液体の場合100ml当たり)

カロリー   5Kcal

たんぱく質 0.5g

脂質     0.5g

炭水化物    0.5g

ナトリウム     5mg

これ以下であれば、例えば「脂質ゼロ!」などと表示できるのです。

当店の商品でも、豚皮由来の2種類と淡水魚由来のコラーゲンペプチドでは、炭水化物はゼロと表示もできるのです。

2010/11/5

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ